欲しいものシリーズ

データ通信速度が最速ーサンディスクのポータブルSSD

iMacを使用していますが、SSDにカスタマイズしていないので、1TBのfusionDriveのまま。

SSDの領域が30Gしかないので、容量超えるとハードディスクに切り替わるので遅くなります( ´Д`)y━・~~

なんとか速度UPを図りたいと思い探したところポータブルSSDでもかなりの速度を出せるものを見つけました。

それがSanDisk ポータブルSSDです。

詳しくはコチラ

 

SanDisk ポータブルSSDについて

サンディスクというメーカーから販売されているポータブルSSDです。他のメーカーと比べ、書き込みや読み込みがかなり早いのが特徴です。

お値段は3万円弱とお高いですがOS の起動用ディスクするのであれば安いとは思います。

では簡単に製品の特徴をご紹介していきますね。

製品の特徴

ポータブルなので大きさがコンパクト。

縦110.2mm×横57.3mmの大きさです。

ド父ちゃん
大きさで言えば、iPhone4sと一緒です。

ポケットにと十分入ります。

耐衝撃、防塵、防滴なので、持ち歩きも安心です。

防水ではないので、雨ざらしや水につけるなどの行為はしない方がいいと思います。

USBのTYPE-Cに対応

TYPE-C対応ですので、MacBook、iMacの両方で使用できます。

ド父ちゃん
Windowsにも対応しています。

データの通信速度が高速

通信速度が1050MB/秒で普通のポータブルSSDに比べ遥かに高速。

※USB 3.1 Gen 2対応した接続端子のみ可能な速度。(iMacの2017年以降のモデルは対応)

実際の速度はコチラ。
Appleが大好きなんだよの管理人、Macgeekさんが実測値を計測してくれています。

書き込み、読み込み共に900MB/秒出ているのはすごいですよね。外付けでこのスピードですよ。びっくりです。

保証期間が5年と長い

保証期間が5年と長い。通常の保証期間は1年ほどですが、なんと5倍です。保証期間が長いので安心して使用することができます。

購入後に使うとしたら

macOSをインストールして、データをTime machineでポータブルSSDに復元させて、直接起動できるように設定して使いたいと思います。

やはりfusionDriveは駆動音や速度の問題があるので、SSDの方がメリットが大きいです。

しかし、Apple製品は最初でカスタマイズを行わないと2度とSSDに交換できません。(Apple以外でできますが、一度行うとAppleでの商品交換や修理の対象外となります。)

ですのでSSDのメリットを享受する為にはポータブルSSDをMac本体につないで使用するしか方法がありません。

私が使うとしたら、fusionDriveの代わりとして使用します。

まとめ

ポータブルなのに速度が内臓のSSDに匹敵するこの商品。大容量のデータでも通常のHDDよりも高速に転送でき、作業時間の短縮にも繋がります。また私みたいに機動用のSSDとして、設定し、使用することも可能です。

データ外部の媒体に保存することが多い方にはおすすめですよ。

詳しくはコチラ

Amazonチャージ

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000円〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円 2.0% 2.5%
ド父ちゃん
Amazonで買い物するならAmazonチャージ。最大2.5%のポイント還元があるので利用するっきゃない。

Amazonチャージはこちら

\ この記事はどうでしたか/

-欲しいものシリーズ

© 2020 ドトヨク