Apple

Mac OS Catalinaへのアップデートでおきた不具合のまとめ

前回の記事でiPhone7がOSのアップデートにより、使用ができなくなりました。

関連記事
iOS13.3のアップデートに伴うiPhone7不具合に対処した話

続きを見る

今回はMac OSのアップデートにより、発生した不具合についての体験談です。

Mac OS Catalinaへのアップデートでおきた不具合につい

iMac のOS をついに最新のCatalinaにアップデートにしました。

私のiMacのスペックはこちら

iMac27inchを購入!!

アップデート後はネットで言われているほど不具合はなく、快適に操作できており、早くアップデートすれば良かったと思っていたほどです。

しかし、悲劇はこの後に起こりました。

修正アップデートにて不具合が発生

修正のアップデートが来ていてのいつものようにアップデート。その後、再起動したら何故かサブディスプレイが反応しない。

ド父ちゃん
え、え、なんで?

と思って設定をいじるも反応なし。

助けでGoogleと思い、同様の症状が報告されてないか検索。

早速記事を発見。

どうやらこの修正アップデートがサブディスプレイの認識に悪影響を与えてみたいでした。

バックアップからアップデート前に復元

ド父ちゃん
仕方ない。修正アップデートが再度UPされたらまたやろう。

と思い、バックアップデータからアップデート前のデータに復元することに。

iMacの電源を入れて、Command⌘+Rで復元のユーティリティの画面を呼び出し、Time machineから復元を選択。

そして実行。

復元にかかる時間が6時間だったので、

ド父ちゃん
休みの日やるか。

と思い、ユーティリティの画面を終了させて、ブログ書こうと再起動させました。

しかしここで悲劇が。

何故かまた復元ユーティーティの画面に戻り、そしてマウスが操作不能になりました。動かせるのは、十字キーとtab、enterキーのみ。

なんとかキーボードで操作して、再度time machineからの復元を試みるも、表示される時間が4万時間!!

完全にバグっていて、電源ボタンでの強制終了しかできない状況に。

これはもう修理にだすかなとAppleのサポートセンターに連絡することに。

Appleサポートセンターの対応

Appleサポートセンターに連絡し、担当者へiMacの状況を説明。

  • Mac OS アップデート後、サブディスプレイが表示されない
  • time machineからの復元の表示バク
  • 復元ユーティーリティでマウスが操作できない

の3点を伝えました。

また外出先からの電話でしたので手元にiMacがないことも説明。

症状を聞いて、「解決策をメールにてお送りするので一度試してみてください」と言われました。

流石Apple。

すぐにメールにて対処策が送られてきました。

案内された対応策について

NVRAMのリセット

NVRAM (不揮発性ランダムアクセスメモリ) とは、Mac がすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリです。PRAM (パラメータ RAM) にも似たような情報が保存されています。

アップル公式ストアより

要するにここに記憶されている情報が悪影響を及ぼしているために一度リセットしてみろということみたいです。

やり方は簡単。

電源を立ち上げて、すぐにをoption +command+P+Rを20秒ほど押し続けてからキーを離します。再起動しているように見えましたがましたが、裏側で処理がはしっている感じでした。

これで直ったかなと思いきや症状変わらず。

ですのでもう一つの方法をやってみることに。

Macのディスクを消去する

これは復元ユーディリティの画面でディスクユーティリティを選択して、ハードディスク内の情報を消去する方法です。

詳しいやり方は公式サイトに丁寧に書いてあります。

詳しくはコチラ

おそらくハードディク内のデータが悪影響しているに違いない。取れる手段はこれしかないと思いました。なんとかキーボードを使用してハードディスク内の情報を削除。

そして、time machineからの復元を実行。

すると復元時間が6時間となっており、バグる前の状態に戻っていました。もうそのままバックアップを実行し、しばらくして確認しようと思いその日は寝ました。

朝起きて見ると、通常のiMacの起動画面でサブディスプレイも表示されていましたのでその時は「ホッ」としましたね。

まとめ

どうやら今回iMacの調子を悪くさせていたのはハードディスク内に保存されてあるデータだったみたいです。

流石に起動が上手くいかないと焦りますね。もし、私のようにiMac本体がバグったらディスク内のデータを一度消去してみることをおすすめします。データが消えるのは怖いですが、バックアップをとっていればなんとかなります。

time machineバックアップはかなりおすすめですよ。戻す時間帯も選べるので是非活用してみてください。

そしてデータのバックアップをやったことがない読者の皆様。この記事を読んだことをきっかけに是非データバックアップはとりましょう。

「どんなハードディスクを買えばいいか分からない。iMacの周辺機器のおすすめはないのか」と思う読者様の為に参考の記事を紹介させていただきます。是非活用してくださいね。

Amazonチャージ

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000円〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円 2.0% 2.5%
ド父ちゃん
Amazonで買い物するならAmazonチャージ。最大2.5%のポイント還元があるので利用するっきゃない。

Amazonチャージはこちら

\ この記事はどうでしたか/

-Apple

© 2020 ドトヨク