PC・小型家電 商品レビュー

蛍光ペンも付箋も必要なし。Kindle Paperwhiteのススメ

どうもド父ちゃんです。(@dotou0703)

皆様は読書はお好きでしょうか。

ド父ちゃんは大好きです。

通勤電車での読書は最高のものです。誰にも邪魔されず、適度な雑音があり、読書に集中するには最高の環境です。

でも通勤電車での読書では持っていける本は2冊ぐらいが限度だと思います。

紙媒体の本ではそれが持ち運べる限界かと。

でも読書していると急にこんなことが頭をよぎることはないでしょうか。

  • あの本に確か同じこと書いてたような?もう一度読んで確かめたいな
  • 今日はビジネス書ではなく、小説な気分
  • 同時に複数の本読めれば

などなど。

色々あると思います。

でも、紙媒体の本ではビジネスバックにはたくさんはいられない。

でもたくさん読みたい。

そんな感情が湧いてきますよね。

そんな読書好きなあなたに朗報です。

そんなあなたの夢を叶えてくれるデバイスがあります。

それはKindle Paperwhiteです。

 

Kindle Paperwhite

 

取り出すとこんな感じです。

中身はこんな感じです。

商品説明

  • Carta電子ペーパー技術採用6インチAmazon Paperwhiteディスプレイ
  • 解像度300ppi、内蔵型ライト、フォント最適化技術、16階調グレースケール
  • サイズ:167 mm x 116 mm x 8.18 mm
  • ワイヤレス接続対応、コンテンツのダウンロード時にPC不要
  • 薄さ8.18mm、重さ182g (Wi-Fiモデル)

 

商品の特徴

充電の持ち時間が長い

普通のタブレットやスマホでは、だいたい10時間ではないでしょうか。

しかし、このKindleはそんなやわな時間じゃございません。

なんと、一度充電すれば数週間読書をお楽しめる優れもの。

数週間ってマジすごい。 

 

防水機能がついた

IPX8等級の防水機能を備えています。真水で水深2メートルまで最大60分耐えられる。

とサイトには書いてあります。

前のモデルは防水機能なしでしたので入浴やプールサイドの読書はだめでした。

しかし、今回のKindleでは改善されていますので、お風呂でも読み放題です。

紙媒体でお風呂読みをやったことがありますが紙がふにゃふにゃになり大変でした。

今回のKindleではそれがないので本当良い点だと思います。

 

文字がくっきり見える。

本物の紙のような読み心地のE Inkスクリーンを搭載しています。300ppiの高解像度で小さな文字もくっきりキレイです。

 

目に優しい

目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。お好みに合わせて、8種類の文字サイズから、読みやすいサイズを自由に調節できます。明るさも調節できるので、おやすみ前にも最適の読書体験ができます。

設定の仕方

設定はとても簡単でした。

開封した後、電源を入れます。

こんな感じでkindleのロゴが表示されます。

言語選択の画面が出てくるので日本語を選択。

そのあとは、Amazonのアカウントが自動で登録されていたのでアカウント設定は必要ありませんでした。

その後は、Wi-Fiを設定するだけですぐに使用できました。

設定を終えたらこんな感じになります。

 

使用したメリット

付箋や蛍光ペンいらない。

電車の中で本を広げ、そばに蛍光ペンや付箋を置いて読書されている方もいましたがそれが必要なくなります。

記録に残したい文章を指でなぞるだけでマーカーが引けます。

また読書メモ残したい場合はメモできる機能がついているのも優れもの。

読書するときにペンや付箋をそばに置く必要がありません。

また、マーカーを引いた箇所だけを読み返せる機能もあるので2回目の読書はマーカーの文章だけを読み返したりできます。

本当にこの機能は素晴らしいです。

 

ブックカバーはいらない。

kindle本体を通して読書をするのでブックカバーで本のタイトルを隠す必要がありません。

好きな本を人目を気にせず自由に読めます。

 

目次のリンクをクリックしたら、必要なページにとぶ

目次にページリンクが貼られています。ですので読みたい章や内容をクリックするとすぐにそのページに飛ぶことができます。

ページをめくる必要がありません。

時間のないサラリーマンとってはうってつけの機能ですね。

必要な情報だけを本から読み取ることができます。

 

デメリットは、

電子書籍の量がまだまだ増えてない

電子書籍の市場はかなり増え、kindleで販売される本もかなり増えました。

しかし、まだ紙でしか販売されていない本がたくさんあります。

読みたいと思った本がkindleで販売されていないことがしばしばあります。

ですので、全ての本がkindleを通して楽しめる訳ではありません。

 

反応が少し遅い

読書のみ特化しているので、マーカーを引くときの反応が他のタブレットやスマートフォンに比べ遅いです。

ですので、マーカーを引くときに少しタイムラグが出てくるのでマーカーが引きにくかったりします。

 

まとめ

ココがおすすめ

マーカーや付箋が必要なくなる

マーカーを引いた箇所だけを読み返せる

メモ機能もついてるブックカバーがいらない

目次から読みたい章へすぐに飛べる

防水機能がある

目に優しい。

 

ココがダメ

マーカーの引くスピードが遅い

電子書籍化されていない本も多数ある

 

良い点と悪い点の両方がありますが、読書バカのド父ちゃんは購入してよかったと思うデバイスです。

全国の読書好きな皆様!!

kindleを購入し、読書人生に革命を起こしましょう。

 

kindleを購入したら

kindleで本を読むならKindle Unlimitedぜひ登録。

\読書好きなら Unlimitedがオススメ/

オススメ理由

30日に無料体験ができる。期間中に退会して料金無料

ビジネス書、漫画、雑誌、洋書などの対象商品が読み放題

Kindle以外の端末、PC、スマートフォン、MACでも読書可能

 

 

Amazonチャージ

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000円〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000円〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円 2.0% 2.5%
ド父ちゃん
Amazonで買い物するならAmazonチャージ。最大2.5%のポイント還元があるので利用するっきゃない。

Amazonチャージはこちら

\ この記事はどうでしたか/

-PC・小型家電, 商品レビュー

© 2020 ドトヨク